이름박재수 ( 朴在洙 )
민족구분한국인
생년월일1) 1889-01-99
2) 1889-01-20
출전1) 인사흥신, 416쪽
2) 조선공로자, 790
나이1) 46세(1935년 현재)
출전1) 인사흥신, 416쪽
출신지1) 京城府 孝子洞 177(원적)
출전1) 인사흥신, 416쪽
현주소1) 강원도 伊川郡 읍내관사
2) 江原道 伊川
3) 江原道 伊川郡 伊川面 校里
출전1) 인사흥신, 417쪽
2) 조선공로자, 790
3) 기념표창자, 843
가족관계 부1) 朴炳夏(농)
출전1) 인사흥신, 416쪽
가족관계 배우자1) 이씨(1886년 9월생, 경기도 李鳳九의 딸)
출전1) 인사흥신, 416쪽
가족관계 자녀1) 장남 朴英春(1916년, 경성제1고보교 재학), 2남 朴英純(1924년생)의 2남
2) 딸 2명
출전1) 인사흥신, 416쪽
2) 조선공로자, 790
현직업1) 朝鮮總督府 官吏
출전1) 조선공로자, 790
학력1) 京城私立協成學校 졸업
출전1) 인사흥신, 416쪽
경력및활동1) 京城私立協成學校 졸업 후, 문관보통시험에 합격했다. 1913년 총독부 道警部에 임명되었고, 1919년 경찰관강습소 조교수가 되었다. 1926년 도경시에 승진하였고, 강원도 위생과장을 명받았다. 1928년 조선총독부 군수로 옮겨, 강원도 평강군, 襄陽郡을 거쳐 1919년 伊川군수가 되어 1935년에 이른다.
2) 普通文官試験 합격
1911년 警察署 근무
警察官講習所 助教授로 재직 10년
1926년 10월 道警視, 警察官講習所長
1927년 2월 警察部 衛生課長
1928년 1월 江原道 平康郡守
襄陽郡守
1933년 12월 伊川郡守
3) 正六等 勳六等
1911年 6月 9日 任 朝鮮總督府 警察署 通譯生. 6月 10日 忠淸北道 保寧警察署 勤務.
1912年 8月 1日 韓國併合記念章 授與.
1915年 1月 27日 兼任 朝鮮總督府 警部.
1916年 4月 1日 朝鮮總督府 警部 忠淸南道 保寧警察署 勤務.
1919年 8月 30日 任 朝鮮總督府 警察官講習所 助敎授. 10月 20日 兼任 朝鮮總督府 道警部.
1926年 10月 20日 任 朝鮮總督府 道警視 敍 高等官七等.
1928年 1月 12日 任 朝鮮總督府 郡守 敍 高等官七等 江原道 平康郡 在勤. 11月 16日 大禮記念章 授與.
1929年 3月 25日 陞敍 高等官六等. 5月 15日 敍 正七位.
1931年 12月 28日 敍 高等官五等.
1932年 2月 15日 敍 從六位. 3月 14日 勳六等 授 瑞寳章.
1933年 12月 18日 伊川郡 在勤.
1934年 12月 28日 陞敍 高等官四等.
1935年 2月 1日 敍 正六位.
출전1) 인사흥신, 416쪽
2) 조선공로자, 790
3) 기념표창자, 843
취미특기1) 무도, 정구
2) 독서, 수렵, 테니스, 무예, 검도(초단)
출전1) 인사흥신, 416쪽
2) 조선공로자, 790
인물평외모1) 명민한 두뇌와 탁월한 수완을 지님
출전1) 조선공로자, 790
참고문헌조선인사흥신록
조선공로자명감
조선총독부시정25주년기념표창자명감