이름오광은 ( 吳光殷 )
민족구분한국인
생년월일1) 1887-09-09
출전1) 조선공로자, 221
출신지1) 京畿道 高陽郡
2) 京畿道 高陽郡 漢芝面(원적)
출전1) 조선공로자, 221
2) 기념표창자, 702
현주소1) 全羅南道 羅州郡 羅州邑
2) 全羅南道 羅州郡 羅州邑 錦町
출전1) 조선공로자, 221
2) 기념표창자, 702
가족관계 자녀1) 2남 2녀
출전1) 조선공로자, 221
학력1) 京城學堂 졸업.
출전1) 조선공로자, 221
경력및활동1) 1908년 3월 木浦臨時棉花栽培所 技手가 됨.
1910년 全南 長興郡 書記에 임명
1916년 나주군, 1918년 도청 세무과에서 근무한 이후 咸平, 和順, 長城, 각 군에서 역임하여 1930년 2월 羅州郡守로 발탁되어 1935년 현재에 이름.
正6位勳5等을 수여받음.
2) 羅州郡守
正6位 勳5等
1910年 10月 1日 任 朝鮮總督府 郡書記 全羅南道 在勤. 10月 22日 長興郡 在勤
1916年 9月 15日 羅州郡 在勤
1918年 5月 7日 任 朝鮮總督府 道書記 全羅南道 在勤
1921年 4月 8日 任 朝鮮總督府 郡守. 敍 高等官 8等 全羅南道 咸平郡 在勤. 5月 30日 敍 正8位
1922年 12月 28日 高等官 7等
1923年 2月 28日 敍 從7位
1924年 12月 24日 全羅南道 和順郡 在勤
1925年 1月 26日 陞敍 高等官 6等. 2月 28日 敍 正7位
1927年 9月 30日 陞 高等官 5等. 11月 15日 敍 從6位
1928年 8月 29日 敍 勳6等 授 瑞寶章
1929年 3月 12日 全羅南道 長城郡 在勤
1930年 2月 28日 全羅南道 羅州郡 在勤. 9月 30日 陞敍 高等官 4等. 12月 1日 敍 正6位
1933年 9月 4日 敍 勳5等 授 瑞寶章
출전1) 조선공로자, 221
2) 기념표창자, 702
취미특기1) 바둑
출전1) 조선공로자, 221
인물평외모1) 농촌진흥운동에 열의를 가지고 있는 사람으로 스스로 자전거를 타고 관내를 순시하면서 지도 장려하는 활동파. 실천궁행으로 사람을 통솔하고 평소 목닫이모양의 양복을 입고 일하는 검소한 모범을 보임.
출전1) 조선공로자, 221
참고문헌조선공로자명감
조선총독부시정25주년기념표창자명감