이름홍종국 ( 洪鍾國 )
민족구분한국인
생년월일1) 1885-99-99
출전1) 조선공로자, 643
출신지1) 忠淸南道 公州郡 午城面
2) 忠淸南道 公州郡 手井面 芝谷
출전1) 조선공로자, 643
2) 기념표창자, 841
현주소1) 江原道 春川 江原道廳(현주)
2) 江原道 春川郡 春川邑 大和町
출전1) 조선공로자, 643
2) 기념표창자, 841
학력1) 1906년 사립 光成實業學校 졸업
출전1) 조선공로자, 643
경력및활동1) 1907년 사립 光成實業學校 교사 취임
1908년 道主事가 되어 平北觀察道에서 근무
1910년 道書記로 진급
1911년 京畿道로 옮김
1913년 麻田, 1914년 漣川, 始興, 1919년 龍仁, 1921년 楊平, 1922년 江華, 1924년 安城, 1928년 楊州, 1930년 高陽郡守를 역임하며 1935년 현재에 이름
1934년 4월 江原道 參與官 취임
2) 從5位 勳4等
1908年 3月 12日 任 道主事 敍 判任官 3等
1909年 12月 31日 陞敍 判任官 2等
1910年 8月 29日 任 道書記
1912年 8月 1日 韓國併合記念章 수여
1913年 9月 23日 任 朝鮮總督府郡守 敍 高等官 8等 京畿道 郡 在勤. 12月 11日 敍 正8位
1915年 6月 30日 陞敍 高等官 7等. 11月 10日 大禮記念章 授與. 12月 28日 敍 從7位
1919年 6月 30日 陞敍 高等官 6等. 9月 10日 敍 正7位
1921年 12月 27日 陞敍 高等官 5等
1922年 2月 10日 敍 從6位
1923年 8月 27日 敍 勳6等 授 瑞寳章
1925年 4月 28日 陞敍 高等官 4等. 6月 15日 敍 正6位
1928年 8月 29日 敍 勳5等 授 瑞寳章
1929年 11月 16日 大禮記念章 授與
1930年 6月 30日 陞敍 高等官 3等. 9月 1日 敍 從5位
1934年 4月 11日 任 朝鮮總督府 江原道參與官 敍 高等官 3等. 8月 4日 敍 勳4等 授 瑞寳章
출전1) 조선공로자, 643
2) 기념표창자, 841
인물평외모1) 성격이 돈후해서 장자의 풍모가 있었고, 자신이 믿는 바에는 매진해서 다른 것에 거리낌 없는 배짱이 두둑한 사람
출전1) 조선공로자, 643
참고문헌조선공로자명감
조선총독부시정25주년기념표창자명감